2011年08月27日

携帯電話の原点「WX01UT」

WILLCOMの最新機種!と紹介するのは色々と難しいが、一応一番新しい機種「WX01UT」が発売されている。
これがビックリ、ブラウザはおろかEメールまで削ぎ落とした「通話・ライトメール」オンリー端末というのだ。
言わば固定電話の子機、いやそれ以下の機能しか無いと言っても過言ではない。
厚さ9.9mm、重さ60gと「X PLATE WX130S」より更に小さい形状となっている。

左:WX01UT・右:WX130S

メーカーはUTスターコム。何気に海外端末を触るのは初めてだ。
メニュー画面も日本製とは違う独特のクセがあり、最初は少し手間どうかもしれない。
電話とライトメール以外の機能を挙げるとしたらボイスレコーダ、世界時計、着信禁止タイム設定ぐらいか…。

でも意外とハード(媒体)としては結構使い易く、特にテンキーがWX130Sより断然打ち易いというのは大きなポイントだ。
最近よくある鏡面加工ではなく、ラバーコートの外装が手にしっとり馴染む。
胸ポケットに入れていてもほとんど気にならないし目立たない。
通話に特化するならこういう機種で良いのかもしれない。

小さな形状に驚き

高機能でも板っぺらみたいなスマートフォンがズラズラ並ぶ中、数世代前の機種を投入してくるのにはWILLCOM側の事情が垣間見えているようで何とも言えない。
他キャリアの端末を抱き合わせ販売するのもどうなんだろうと思ってしまう(使い方によっては魅力的だが)。
まだ更生中のWILLCOMに過剰な期待をするつもりは無いが、「WILLCOMらしい」PHSが登場するのを首を長くして待っている。

ソフトウェアバージョンアップでEメールに対応してくれないかな…。

【追記】
1週間も経たないうちに一時発売停止!?一部IP電話からの着信ができないソフトウェア不具合だそうで…。ズザー
 

posted by ビター at 16:49| Comment(2) | TrackBack(0) | WILLCOM
この記事へのコメント
WX130SにEメール使用不使用の設定できる様にすればよいだけのことなのにね。出資会社支援の結果がこれとは。
Posted by BAUMユーザー at 2011年08月28日 21:57
>>BAUMユーザーさん

海外製のエントリーモデルにWILLCOMのロゴが付いただけですからね…。
「支援」にはあまり期待していませんが、WILLCOMらしさを忘れてほしくはありませんね。
せめてストラップフォンだけでも登場してほしいところです。
Posted by ビター at 2011年09月05日 01:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47582113
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック