2007年04月05日

電柱

電柱が好きである。
「日本の美観を損ねる」という意見もあるだろうが、これはこれで日本の空気が漂っていて個人的には好きである。
勿論、地中線にした方が見栄えは良いし、道路の邪魔にもならないだろう。
しかし「電柱」という仕方でネットワークが広まった日本では、もはや逆手に取ってそこから派生するしかないのだ。
「いい歳して何の話をしているんだ」などと尋ねる人も居るだろうが、答えは「電柱の話をしている」が正解である。

という訳で(?)電柱について語ろう。
まず珍しい電柱から。

IMG_1119.JPGIMG_1240.JPG

二本の電柱が隣接しているタイプである(写真左)。
隣接して立っている電柱(写真右)は良く見るが、それぞれ単独の構造をしている訳で支えあっている訳ではない。
写真左の電柱は互いに支えあい、しかも電線を共有しているという大変珍しい形である。
「鴛鴦電柱」と命名(笑)。

IMG_1222.JPGIMG_1238.JPG

次は夜になるとライトアップされるこれまた珍しい電柱だ。
と言うのは冗談で、昼間(写真右)は極普通の電柱にしか見えないが、夜になると団地の看板(もしくは住宅地図?)がライトアップされるためか、近くにある電柱の方が目立っちゃってます(笑)。
「ライトアップ電柱」と命名。

IMG_1195.JPG

あとおまけで、電柱にこんな物が付いていたら喜んで下さい。
WILLCOMユーザーなら尚更です。
今回はこの辺で。
posted by ビター at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3660101
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック