2007年01月23日

一澤帆布

IMG_0995.JPG

鞄の老舗と言えば「一澤帆布」と京都人は答える。
今や全国に広まり、遠方から買いに来る方も多いことだろう。
最近半年ほどの休業を経て、2006年10月16日に営業を再開された。
帆布の丈夫な生地に、昔ながらのシンプルなデザイン、そしてお馴染みの「一澤帆布」のロゴ。匂いも良い。素敵である。
自分は昔からの愛用者であった。
今も鞄はお出かけには欠かせない。
値段もお手ごろで、学生さんも持っている方が多い。
「一澤帆布=トートバック」は定着している。
持っておられない方も是非一つトートバック等いかがだろうか。
トートバックを肩から下げ、鞄の中に一澤帆布のペンケースを忍ばしておくのが流行りである(自分の中で)。

一澤帆布HP
http://www.ichizawa-hanpu.co.jp/top.html
posted by ビター at 15:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 一澤帆布
この記事へのコメント
こんばんは、失礼いたします。ビターさんは、新一澤派の方なんですね。

私は、しんざぶ (旧一澤系)派です。
三十年来の長きに渡る贔屓でして、旧一澤カバンや しんざぶ カバンを、多数愛用しております。

私の場合は、旧一澤カバンのメンテナンスは、しんざぶ に一切任せています。
Posted by 如月 at 2007年06月03日 20:35
>>如月さん

こんばんは。
新一澤派・・・そうかもしれません。
「新一澤帆布」と「信三郎帆布」を両店舗を梯子しておられる方もいらっしゃいますね。
なんだか複雑な気持ちにもなりますが、ワタクシは「一澤帆布が好きな一個人」に過ぎないので何とも言えませんが。

できれば和解してほしいと願う今日この頃です。
Posted by ビター at 2007年06月03日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3147855

この記事へのトラックバック