2009年05月19日

マッチングナンバー

「そうだ、ブルーレイを観よう。」と、
京都に行くみたいな思い付きでパソコンをいじってみた。
とは言うものの、今手元にあるのは数年前のエントリーモデルのデスクトップ。
買い換える機会も無く、ちょっとメモリ容量を増やしたぐらいで大した事はしていなかった。
そんな一世代、二世代前の機種でブルーレイを観ようという訳だ。

パソコンに限らず、物には「互換性」がある。
相性の悪いものを組み合わせると、故障したり、悪ければ使えなくなったりする。
それを百も承知でグラフィックカードブルーレイドライブを買ってみた。
勿論、事前に相性が良いか調べた訳でもなく、ましてやパソコンに対応できるのかどうかも深く考えていない。
良い子の皆さんは真似をしないようにして頂きたい。

とりあえず組み上げて、「さあ、ブルーレイを観よう。」

素晴らしい!君にも観れるブルーレイ

あっさりOK。
正直な所、パソコンの処理が追い付かなくて観れないとか、互換性が悪くて表示すらされない等、一波乱あると予想していたのだが・・・。
このご時世でも旨い話は少しあるのかもしれない(?)。
posted by ビター at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子機器
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29250050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック