2008年06月26日

京ぽんスリイの消失

いよいよ明日(6/27)「WILLCOM 03」が発売される。
スマートフォン市場を日本に普及させたこの「W-ZERO3」シリーズは偉業と言えよう。
「WILLCOM D4」もこれからどのような進化を遂げていくのか非常に楽しみだ。

その反面、ちょっとガッカリ(という程でも無いけど)している事がある。
京ぽん2(WX310K)は全てのWILLCOM端末の中で唯一「Bluetooth内蔵機種」だったのだが、この度「03」に内蔵された事で「唯一」に終止符を打つ。
発売から2年半。まだまだ機種変するつもりは無いのだが、流石に最新機種と比べると見劣りするのは否定できない。
京ぽん3はどうなっているのだろう?

ZERO-3の集大成とも言える「03」の実機を触ってみたのだが、今までの機種で不満だった部分が全てと言っても良いくらい解決されていて驚きを隠せない。
強いて言うならば「スタイラスを内蔵してほしかった」くらいで、性能面では全く不満を感じさせない。
これはもう京ぽん2から機種変・・・いやいやいや!

さ、最新機種なんて興味ないんだからね!
き、京ぽんスリイ、もとい京ぽん3しか眼中にないんだから!

と、とにかく「果報は寝て待て」である(苦しい)。
やはりHT02に期待を寄せるしかないのだろうか・・・。

【7/2更新】
7/3に何かある模様です。
詳細は不明ですが、新しいSIM端末発表の可能性が高いです。
いよいよ黒船(黒SIM)到来でしょうか?
posted by ビター at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | WILLCOM
この記事へのコメント
苦しいっすねえ(笑)03はほんとに良さげだし、もちろん携帯各社の上位機種の進化振りときたら…。何を言っても負け惜しみみたいになりますねえ、しかしまだ待つけど(笑)
Posted by や at 2008年06月27日 17:45
>>や さん

W-ZERO3シリーズはウィルコムの象徴と言っても良いですし、最大の強みでもありますからね。
この度の「03」もかなり気合いが入っていますが、その気合いをそっくりそのまま京ぽん3に・・・という訳にはいきませんかね(笑)。

JATE通過の「HT02」は京セラのPHS端末である事は間違いないですが、時期が時期だけに京ぽん3の匂いがしないのです。
いや、意表を付いて登場か!?
・・・と今まで何度ズッコケたことか(苦笑)。

最新機種は見て見ぬふりをして、「自分の中では京ぽん2が最強だ!」と言い聞かせている毎日です。
Posted by ビター at 2008年06月29日 23:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16408302
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック