2008年05月04日

五月病

5月に入り、五月病になりました。
ワタクシではなく「ジン&ビターズ」が。
何だか最近コントロールパネルでエラーが続くなぁ、と感じていたしたら突然アクセス不能に。
丁度WX330Kを機種変したので記事を書こうと思っていたらこの有様
まあ元通りになったから良いですが、原因は海外からの大量のスパムによるサーバー過負荷が一つとか。
詳しい事は良く分かりませんが、時期が時期だけに(?)ご心配お掛けしました。

ちなみに機種変したのはワタクシではなく家族です。
京ぽん2はまだまだ良き相棒ですから愛は冷めたりしません。
いや、機種変したからと言って愛が冷める訳では無いですが。
posted by ビター at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
おーそうなんですか、身近に330kがあって色々試せるのは羨ましいですねえ。330kはmicroSDからメールに直接添付ファイル選択出来ますかね?310kの前に310SA使っていたんですが、機種変更しての些細な不満の一つにこの点がありました。メーラーが変わって大不評のようですが、この好ポイントは継承されているのかどうか、気になる所です。図々しいですが、何か機会がある時に、ぜひ検証お願いします!
Posted by や at 2008年05月05日 01:15
>>や さん

はい、色々検証しますよ。
しかし2年以上のブランクは大きいですね・・・。
京ぽん2がいかにも「旧型」に見えてしまいます。
ま、中身は負けてませんけどね(少し苦しい)。

ちなみにブルーのキャロッツもやって参りました。
ボタンが大きくて使い易いです。
京ぽん2を握った感じと良く似ています。
しかし2年以上のブラン(略)
Posted by ビター at 2008年05月06日 16:54
おおキャロッツも!あれはしかし店頭でいじってみた所では310SAとメニューや操作系など、完全に同じでした、動作は向上してるのかもしれませんが、むしろ中身は二年前を思い出しました(笑)
Posted by や at 2008年05月06日 22:46
>>や さん

WX310Jも同じでしたよね。
良く言えばシンプルで使い易いですが、物足りなさを感じる事もあります。
まあ、PHSにはまだまだ改善の余地が有ると言うだけでも救いがありますが。

携帯陣営はこぞって「飽和状態ではない」と主張してはいますが、「全部入りケータイ」というコンセプトが逆効果を及ぼしているような気がします。
正確には「現時点の技術をできるだけ全部詰め込んだケータイ」とでも理解したらよいのでしょうか。
いやはや日本語とは難しい(笑)。
Posted by ビター at 2008年05月08日 00:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14645947
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック