2008年01月25日

BD好調の影に

BD(ブルーレイ・ディスク)が好調である。
HD DVD(エイチディー・ディーブイディー)は正直な所押され気味。
昔のβ(ベータ)みたい。さあ貴方はどっち?

ワタクシは別にどっちでも良い訳だが、少なからずその影響は職場にも出始めている。
つまりBDを製造する機械、の中に入る部品、の中の部品の受注(長!)も手掛けているらしいのだが、先月ぐらいから急に忙しくなった。

BD(もしくはHD)が登場した当初、大手企業は試験的に製造機器を作る。
中小企業にもその部品の中の部(略)の図面が来る。
ワタクシも数個程度部品を作った。
そう、数個程度・・・。

そして今、何この図面の量!そして部品の量!
BDが好調になると同時に会社の経営も好調!なんて事を言っている暇も無い。
図面が積もり積もって首が回らない(それは借金)。
「自分の作った部品がBDに繋がるのかぁ♪」なんて口笛を吹いたのは今は昔。
入社して以来一番忙しいと言っても過言ではない。
「楽な仕事」は無いが、「忙しすぎる仕事」は実在すると身に染みて感じる今日この頃である。

でも、本当にやりがいのある仕事をさせてもらっているという実感はある。
勿論疲れるが、その分得る物も大きい。
仕事に限った事ではないが、この忙しい時を乗り越えて見せる!と力が湧くのである。


ちなみに主に手掛けている部品の会社はユーシンヤナコ
ワタクシが作った部品が確認できるのはこの機械かな。
透明、ブルーのパイプが見えるだろうか?

他の機械はそれこそ部品の中の(略)なので、写真では見れないのである(笑)。
posted by ビター at 23:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
忙しい!のは大変ですね。でも何かを製造する仕事は結果が存在するので羨ましいです。私の仕事は、「書類のチェック=人の間違い探し 」なのです。間違いに付箋を付け、電話をし、ときには、返送…。間違いだらけの束に当たった日には、枚数が上がらず、疲労だけ。枚数もかかった時間も上司に記録して出します。何だか、日々細かい人間になるようで恐いです。
Posted by asamahayateyamabiko at 2008年01月26日 00:59
>>asamahayateyamabikoさん

間違いをする人、間違いを探すのも人。
何だか良い意味で「人間臭い」お仕事ですね。
そういう影で働く人が居てこそ業界が成り立つのではないでしょうか。

このご時世ですから時には「細かい人間」でいる事も必要ではないかと思いますよ。
ワタクシも日々「0.001単位」に向き合っているので、言わば「細かい人間」なのかもしれません(笑)。
Posted by ビター at 2008年01月27日 13:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10016324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック